ファッションについて

ファッションについて

MENU

ファッションのコツ

「異性にもてたい!」
「ばっちり決めたい!」
「自分に合う服装がしたい!」
「最先端のファッションを楽しみたい!」

 

 

 

ファッションに対して、
どういったスタイルがしたいかは、
人それぞれ違います。

 

 

 

 

 

ですが、
どんなファッションでも、
コツを考え、アレンジしていけば、
確実に上手くいくはずです。

 

 

 

 

 

まずはファッションのコツについて、
考えていきたいと思います。

 

 

 

 

〜清潔感や清楚感は必ず必要〜

 

 

ファッションに清潔感や清楚感は、
必ず必要だと思います。

 

 

清潔感のないファッションは、
人に良い印象を与えません。

 

 

 

ですが、
古着などの、
着古した衣服や、ダメージの多いデニムが、
清潔感がないと言っているわけではありません。

 

 

 

 

 

古着と呼ばれる衣服や、
ダメージのあるデニムは、
【オシャレ】として認識されているものであり、
偏見がない限り、
人に悪い印象を与えることはありません。

 

しかし、
「衣服が伸びている」
「縮んでいる」
「毛玉がついている」
「髪型がぼさぼさ」

 

そういった、
手入れが行き届いていない状態のまま
ファッションを楽しんていると、
「だらしない」と印象づけてしまいます。

 

 

 

 

人によっては、
デニムにダメージがあるだけで、
「だらしない」と言うかたもいらっしゃるかもしれませんが、
それってただの偏見であり、
現代人の流行や文化を理解していないだけですよね。

 

 

 

 

 

本当にだらしないのは、
「自分のファッションの手入れを手抜きしている人」だと
思います。

 

 

普段から、ファッションを気にかけ、
衣服の管理・手入れをしていれば、
清潔感や清楚感は自ずと出てくるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

〜個人を出しすぎている服装〜

 

ファッションについて考えた時、
周りに合わせることを考えていますか?

 

 

 

 

周囲に合わせすぎるのもどうかと思います。

 

ファッションにオリジナルのセレクトは必要ですし、
ファッションのコツを考えた時、
「周囲に合わすだけ」では意味がありません。

 

 

ですが、
個人の出しすぎも考えようです。

 

 

有名人やアーティスト、モデルさんなど、
メディアで活躍している方は良いかもしれませんが、

 

一般人が、個人を象徴しすぎるファッションをすれば、
上手くいくはずがありません。

 

 

例えば、
「柄と柄を合わせた服装」

 

アニマル柄が流行っているからと言って、
アニマル柄のパーカーに、アニマル柄のレギンスを
はいている人を見かけることはありませんよね。

 

 

 

主張しすぎると、
笑われることはあるでしょうけど、
褒められるもんじゃありません。

 

 

 

 

 

ファッションのコツと言えば、
「主張しすぎない程度の個人アピール」が必要です。

 

上下どちらかに柄を入れたり、
アクセントや色合いを考えて、
自分が思っているよりも【控えめな】ファッションを
目指していくといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションが上手くいかない時って、
「服に着られている」もしくは、
「メイクや髪型に自分を合わせている」という
時だと思います。

 

 

 

 

ファッションのコツは、
【自分に合わせる】ということが
一番なんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

奇抜で個性的がいいなら、
それでもいいと思いますが、

 

あくまでも【着られない】ように、
注意していきたいですね。