ファッションについて

ファッションについて

MENU

キッズファッション

多様化した現代のキッズファッション、
女の子ものの服など、
本当に可愛らしいものばかりですよね。

 

 

・お嬢様系
・ドール系
・癒し系
・アクティブ系
・クール系
・姉系

 

など、
豊富なバリエーションで展開されています。

 

 

 

 

 

キッズファッションが展開されだしたのが、
17世紀の後半ごろ。

 

 

特にイギリスでは、
「子供服ブランド」が立ち上がり、
キッズファッションが盛り上がっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

親世代の大人たちが、
「子供に着せたいと思う服」と、

 

子供達が、
「かわいい!かっこいい!着たい!と思う服」と、

 

 

キッズファッションのニーズは難しく、
多様性を求められます。

 

 

 

 

 

今までのキッズファッションの
ブランド展開への傾向を見ていると、

 

 

「着心地が良い」
「あどけなさや愛くるしさ」
「大人とおそろい」
「ヨーロッパの色合い」
「スポーツブランド」

 

など、
その時代の需要に合わせて、
様々なキッズファッションブランドが展開されてきています。

 

 

 

 

 

 

今のキッズファッションの基礎である、
「子供が着やすくて機能性の高い服」として、
キッズファッションが展開されてきたのが、
19世紀末頃だと言われています。

 

 

 

 

 

女の子に大人気で、
キッズファッションのブームを巻き起こしたと言えば、

 

不思議の国のアリスでも、
主人公のスタイルとなっている
【ワンピース型のドレス】です。

 

 

 

 

アリスのように、
動き回る子供でも、着心地が良く、
動きやすい。

 

なおかつ着替えも簡単で、
見た目も女の子らしい形。

 

 

男の子がズボンという認識なら、
女の子は、ワンピースと認識されるようになったのが、

 

ワンピース型ドレスの流行だと思います。

 

 

 

 

 

 

今では、キッズファッションは、
大人が着せるものではなく、
子供たちが選び、自分で着る服となっているような気がします。

 

 

 

小学校高学年にもなると、
もう自分のファッションスタイルは
自分で決める子供たちの方が
多いですもんね。

 

 

 

大人のファッションブランドよりも、
高価なキッズファッションを求める
子供達も増えているようで、

 

 

キッズファッションに対して消費していく
大人たちにとっては、
苦い時代なんじゃないでしょうか。